Entries

Googleスプレッドシートに、株価・PERその他を自動で取り込む

Googleドライブって奴があって
Web上で使えるエクセルなどがあるんだけど

IMPORTXML
という関数を使うと、別のホームページに有る値を取得できるんです!

株探とかヤフーファイナンスとかみんかぶの
値だって取得できてしまうのです!!!!

このように!!
IMPORTXMLGoogleスプレッドシート

じゃーん!
どやっ!

会社四季報で、企業をチェックしてこのエクセルに証券コードだけ撃ちこめば
自動で色々な値を取得してきてくれて
比較なんて簡単なんです!!

IMPORTXML関数の使い方



=IMPORTXML(URL,"取得するデータが入ったHTMLの場所を指定")

という感じです。
URLは、株探とかのURLのことです。
http://kabutan.jp/stock/?code=8316
とかですね。
CONCATENATE関数で文字列やセルの中身を連結できるので使いましょう。

B3のセルに、証券コード8316が入ってるとして
CONCATENATE("http://kabutan.jp/stock/?code=",B3)
とすると、http://kabutan.jp/stock/?code=8316 になりますよ。


取得するデータが入ったHTMLの場所を指定

企業名を株探から取得スる場合は下記。
"//td[@class='kobetsu_data_table1_meigara']"

これの意味は、tdタグの中で classに kobetsu_data_table1_meigara
と言う文字が指定されてる所の値を持ってくるという意味。

株探を開いて、ブラウザからソースを開くで表示して
kobetsu_data_table1_meigara を検索すると解りやすいと思います。



株探からPERを持ってくる場合は、
"//table[@class='kobetsu_data_table3']/tr[2]/td[1]"

tableタグで、classにkobetsu_data_table3が指定されてる所で
2つめのtrタグの中にある
1つめのtdタグの中値を持ってくるッて感じです。


もし、kobetsu_data_table3'が2つ3つ有った場合の指定は
//table[@class='kobetsu_data_table3'][2]/
みたいに、[数字]で何番目の値かを指定します。


classとかidとかが指定されてなければ、
[128]とか有るだけ数えて指定するので面倒くさいw


みんかぶから、PSRを取得スる方法は
=IMPORTXML(CONCATENATE("http://minkabu.jp/stock/",B3),"//div[@class='ly_grid45p']/table/tr[5]/td")
divタグで、classにly_grid45pが指定されている奴の中で
tableの中の
5番めのtrの中に有る
td
の中の値を持ってくるです。



ハイパー凄いだろ!


だけど調子ぶっこいて大量にやると・・・

IMPORTXMLの使い方


大量にやるとなんかエラーが・・・・w
1セルごとに、サイトにアクセススると思うから
連続アクセスで遮断されてるのかな?

一つ一つやる分には大丈夫なんで・・・・。


Googleドライブ+Gmail+カレンダー 完全活用術 ビジネスで今すぐ使える最強の「無料クラウド」
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:なんぴー
FC2ブログへようこそ!

右往左往する株売買からオサラバ。
2015年9月頃に、ピーター・リンチ先生、オニール先生に弟子入りして勉強中。
下がった時の買いまし用のお金でIPOチャレンジ中だが当たったことがない。当たったら初値で売ります(約束事)
2016年NISAはそーせいが入っています。
リンクはどのページでもフリーです。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

RSSリンクの表示

フリーエリア


FC2カウンター